初対面でも一気に親密になる共感会話テクニック

風俗で初めての子と当たるときはけっこう緊張するものです。

特に初対面をしてからの会話の流れというのは気を使いますし、人によっては苦手という人もいるでしょう。

女の子が気を使っていろいろ話しかけてきても、緊張のあまり生返事ばかりをしてしまうことも少なくないと思います。

もちろん、そんな対応では女の子の心をつかむことはできません。

風俗嬢を口説く、イイ仲になるためには初対面でのトークが非常に大切です。

緊張してしまう人であっても、ほぼ相槌だけで、第一印象を一気にアップさせる会話術をご紹介いたします。

◆初対面は誰でも緊張するもの
初めて指名する子というのはやっぱり緊張するものですよね。

顔は写真で知っていたとしても、性格やプレイの仕方、会話の方向性などわからないことだらけです。

風俗嬢はお客よりももっと不安がいっぱいです。

デリヘルならばホテルについてドアを開けるまでどんな人がいるかなんてわからないのです。

「苦手な人」であっても仕事ですから頑張らなくてはいけません。

彼女たちは常に「イイ人と当たりたい」「会話を弾ませたい」そう願っています。

◆どうやったら相手との距離を縮められるのか
風俗嬢もお客も「仲良くなりたい」という思いは一緒です。

プレイ内という限定された時間ではありますが、せめてその間だけは友達や恋人のようでありたいと思っているはずです。

しかし緊張してしやすい人だとなかなか親密にはなれません。

「相手との距離をどうやったら縮められるのか」と悩んでいるのではないでしょうか。

思い悩むほどに深みにはまり、つい無言を貫き通してしまう…そんな人はぜひ「初対面の会話術」を覚えてください。

ほぼ相槌だけなのに、相手との距離が簡単に縮められるテクニックです。

◆共感することで女の子の心をつかむ
人間はどんな人でも「自分に近い人」に親近感を覚えます。

誰でも初めて会う人というのは「わからない」が故に怖く感じるものです。

だから少しでも共通点を見つけて安心したいと思っています。

初対面では「共通項」を見つけることがとても大切になります。

会話の中で共感できるものを見つけていくと距離は縮めやすくなるのです。

共通項はなんでもかまいません。

趣味や好きな食べ物が同じというだけでも、そこから会話が広がることもあるでしょう。

出身が一緒、苗字が同じ、どんなことでもいいです。

「共通するものがある」というだけで安心できるものなのです。

◆共感は装っても良い
むしろ、共感を装っても構いません。

たとえば、「昨日の夕飯なんだった?」と聞いて「カレーを食べた」と言われたら、実際は食べていなくても、「俺もカレーだったよ!」と答えてあげましょう。

カレーなら味の感想や種類やその他もろもろ想像はできますよね。

無理やり共通させて話を広げてもいいんです。

あとは女の子の言葉に合わせて「昨日食べたやつはマトンで~」「へ~美味しいよね。

俺も好き」、「辛くてお水たくさん飲んだ」「俺も辛いのはキツイなぁ」と共感しつつ相槌していけば大丈夫です。

勝手に向こうが話して、共感できていると思ってくれます。

これだけのことですが、かなり親密になれるのは間違いありません。

◆初対面がうまくいけば仲良くなるのは難しくない
初対面は風俗において重要なポイントです。

その回のプレイを円滑に行えるのはもちろん、好印象を与えておけば常連になったときにサービスが良くなったりもします。

もし口説きたくなった場合でも成功率に違いが出てくるはずです。

初めの段階で、共感する会話テクを駆使して、女の子の心をしっかりとつかんでおきましょう。

ページ上部へ戻る