店外デートをするために知っておくべきこと

お気に入りの風俗嬢をプレイだけでなく、店外デートに誘いたい。

そう思う人はけっこういるのではないでしょうか。

実際、親しい嬢を食事やショッピングなどに連れ出している人もいるのも事実です。

しかしほとんどの人は「店外は難しそう」「嬢に断られたらどうしよう」と思い悩むことでしょう。

店外デートの確率を少しでも上げるために知っておくべきことをお教えいたします。

◆店外デートに誘いたいけど…
プレイ以外の時間、つまりプライベートな時間をお気に入りの嬢と過ごしたい。

そう思うことは決しておかしなことではありません。

むしろ「好きな人」なわけですから、デートをしたいと思うのは当然のことですよね。

しかし風俗嬢にとってはお客はお客です。

敷居は普通の女の子より高いのが現実と言えるでしょう。

もちろん、ある程度仲良くなって親密な間柄になればハードルは下がっていきます。

それでも、断られるときはあるもの。

どうすれば嬢を店外に連れ出すことができるのでしょうか?

◆早番か遅番かは重要なポイント
店外デートというのは嬢にとって思いのほか負担になる、ということを覚えておきましょう。

人にもよりますが、仕事以外のプライベートな時間を取られることは間違いありません。

よほど親密でなくては女の子にとって苦痛でしかないでしょう。

また早番か遅番かも重要なポイントになります。

遅番の場合は、終電もありますし時間的余裕がないケースもあります。

タクシー代や朝まで飲み明かすなどの心構えを持っておく必要があるでしょう。

一方早番の場合は時間的余裕があるように見えます。

しかし、女の子としては理由があって早い時間のみ働いています。

子育てやら家事やらがある主婦の場合はすぐに家に帰らなくてはいけないのです。

ちょっとお茶だけでも、なんて時間が無かったりもします。

そうした女の子それぞれの事情を加味することは大切なことです。

◆お店のスタンスも知っておくべき
女の子管理が厳しいデリヘルなどの場合、お店から店外禁止令が出ていることもあります。

お金にならないデートは店にとってはある意味迷惑な話なのです。

商品を持ち出して時間を拘束するということは損害ともいえる状態だからです。

もし嬢がOKを出したとしても、厳しいお店ならばかなり注意をする必要があります。

◆店外デートは障害を乗り越えることが大切
このように店外デートには様々な障害があります。

どうしてもプライベートな時間を独占したいのであればまず親密度をあげること、そして事情を加味してあげることが大切です。

そういう意味でもっとも店外デートに適しているのは出勤前になります。

キャバクラでは同伴出勤の習慣が当たり前ですが、それと同じことを風俗でも行うのです。

1時間くらいの前のりなら「食事をおごる」などのメリットを与えれば嬢もついてきてくれるもの。

お店としても、予約客で埋まるわけですから文句もいいません。

そういうことを続けていって親密度を深め、最終的には気兼ねなく会える関係を築いていくようにしましょう。

ページ上部へ戻る